みるくせぇき♪

-Milk Shake-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

雑記-11/9

初歩のギターアンプ設定?

弟子向き?

まぁ、DTM的ギターアンプは後で如何様にもなるので、
フルテン(ALL MAX)でも良いのですが、
一応それっぽい味付けを最初からしておいた方がねって感じで…

LINE6 POD X3 LIVE
使用したアンプは、LINE6のPOD X3 Live(POD Farm)ですが、
他メーカー製でもソレっぽいタイプを選べば良いと思います。

ギターアンプでキモになるのは、
歪み具合を表すGAINやDRIVE、3~5バンドのEQの設定です。

CLN.jpg
フェンダーのツインリバーブや、RolandのJCを使ったクリーントーンですね。
空気感を支えるプリゼンスを耳触りになるからと敢えて切り捨て、あとは一律で7割程度。
すべてが同じ値というのは、後行程(ミキシング)に委ねてるとも言えます。



ギターはHR/HMでギャンギャン言わすのが信条なのに、
DTM(ボカロ)では何故か演歌でクリーントーンを使うケースが多いです。


MESA.jpg
メサブギーを意識したギャンギャン歪むような設定。
低音と高音を高め、中音は低音や高音の半分くらいです。



本来はこっち系の音を好むのですが、
ロック系は作品自体がコケる可能性高いせいか、
DTM(ボカロ)では、あまり選曲していなかったりします。


Marshal.jpg
マーシャルっぽい設定。
レスポールと合わせれば歪みの王道サウンドですが、
低音と高音は7割~MAX、中音はワザと3割程度に切ることでピッキングニュアンスによって、
クランチからギャンギャンと結構不安定なドンシャリにしています。



ギター始めて20年になろうとしていますが、
ギブソン&マーシャルのようなサウンドって嫌いな方だったので、
この音を使いだしたのは極最近だったりします。1年も経ってませんwww


Bass_20091109230615.jpg
おまけでベース。

放置民
ベースは、プラグインもフロアタイプもマルチもコンパクトもサンズアンプですだ。
どの環境でも同じ音…これって結構大事だと思うのです。
サンズアンプは、リアルも、シムも、つまみを上げ過ぎると歪む傾向があるので、
意図的に狙わない限りは上限を6割程度に低音を強めに設定という感じでしょうか?

どの曲もベースは大体この設定なので、
特にコレという例もなかったり…

というか、ギターサウンドの例として紹介できるのが、
ちょいと前のノってた時期のばかりというのが、いやはや…



SOUND DESIGNER (サウンドデザイナー) 2009年 12月号 [雑誌]SOUND DESIGNER (サウンドデザイナー) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/09)
不明

商品詳細を見る

サンデザ12月号…今回はスルーのつもりなのですが、
ギター向きのコンプ講座やら、奏法別のレコやミックスの仕方やら、
紹介ギタリストにヴァイ師匠やら…これは悩みます。


雑記-11/9…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

雑記-11/8

衆人環視の下、発言に責任を持たねばならない媒体(SNS)は切ったけど、
ホントに親しくしていきたい人とも接点が切れてしまってるのがデメリット。
SNS(mixi)を始める以前の方とはwebやblogが接点だったものの、
今時blogやwebを巡回する人はいないでしょうしね。
それだけ、SNSは便利ではあったんですが…

で、話は矛盾するけど、そのSNSの特色によっては、
再招待されたらそれはそれでアリかなとも思ったり。
距離を置くことで本当に自分を必要としてくれている人が見えてくると言いますしね。
そういうつながりは大切にしたいものです。
あとは自分の行動の問題。

メアドは branche□art.707.to こんなことするのは、
招待される可能性は低いと睨んでいるからだけどさw

ネットでの行動範囲を狭めたことで得た余裕で、
いままでおざなりに解説してきたミキシングノウハウ晒しを
もちっと具体的に解説していこうかしら?
うんちく話はSNSではウザがられるけど、
BLOGならやりたい放題だもんね…誰もみてないからw



超時空要塞マクロス THE FIRST (1)超時空要塞マクロス THE FIRST (1)
(2009/11/09)
美樹本 晴彦

商品詳細を見る

元祖マクロスが、当時のキャラデザ美樹本 晴彦氏によってコミカライズ。
ヴァネッサ、キム、シャミーに再び魂が宿る…それだけで満足ですw
ミンメイ?…当時を振り返って15歳、中学生を意識したって意図はわかるんですが、
何と言うか、洗練され過ぎちゃってるのが刻の流れという奴なんでしょうね。
この頃のミンメイは、もっとなんかこう…やぼったい感じって記憶がねw
別窓 | 日記 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

素人のミキシングテクニック?-ドラム・スネア

キックと並ぶドラムの要の1つスネアドラムです。
成分が煩雑に含まれているので、他パートに干渉し易いです。

DS Mixer
スネアのダイナミクス調整に迷いがあるので、
候補をAUXトラックで並列作業させてミックスしています。
基本的にはコンプでアタック重視の設定ですが、その効き方を選びかねているという感じ。
他のパートの響きは環境音任せですが、
スネアだけ前に出てくる際立つ響きとしてリバーブをかけます。

DS a1comp
AUX1はコンプ候補その1。

DS a2comp
AUX2はコンプ候補その2。

DS a3comp
AUX3もコンプですが、マルチバンドコンプで僅かに含まれる低音成分の補正。

DS RevS
DS RevL
AUX4とAUX5はリバーブですが、4がプレートで、5がルーム。
プレート→ルームの順でかけると前に出てくる響きが得られるんです…という妄想?

DS MasterEQ
マスターにEQを挿して、ミキシング向けに他パートと干渉しそうな帯域をカットしていきます。




目次:
・序章
・準備
・ドラム(キック:イン側)
・ドラム(キック:アウト側)
・ドラム(スネア)
・ドラム(金物類)
・ドラム(ハイハット)
・ドラム(タム)
ドラム(環境音)
・ベース
・エレキギター
・アコースティックギター
・ピアノ
・ボーカル
・コーラス
・その他
・ミキシング~マスタリング
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

素人のミキシングテクニック?-ドラム・環境音

トップマイク、オフマイクと呼ばれる、部屋鳴り等の録音環境のトラックです。
他のドラムパートでは各部品毎に録音~トラック作成しますが、
このトラックだけドラム全体で行います。

DTO Mixer
今回は環境音そのものを録っているわけではないので、
ドラム全体を録った音素材使って、環境音をシムします。
AUXトラックを3つ用意し、トップマイク、オフマイク、リバーブとします。

DTO TopEQ
トップマイクは空気感を強調する為に低域を抑え、高域を持ち上げました。

DTO OffComp
DTO OffAmp
DTO OffEQ
オフマイクは録音スタジオの残響音ですので、きちんと鳴る必要はありません。
低域、高域、ピーク帯域をカットし、コンプと真空管プリアンプで歪ませます。

DTO MasterRev
残響感を誇張する為にホールのリバーブを想定するスタジオの容量に合わせてかけます。

DTO MasterEQ
ミックスした出音をマスターにEQを挿して微調整します。




目次:
・序章
・準備
・ドラム(キック:イン側)
・ドラム(キック:アウト側)
・ドラム(スネア)
・ドラム(金物類)
・ドラム(ハイハット)
・ドラム(タム)
ドラム(環境音)
・ベース
・エレキギター
・アコースティックギター
・ピアノ
・ボーカル
・コーラス
・その他
・ミキシング~マスタリング
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

雑記-11/6

接点を絶つ…今のヲレに必要なことかなかな?

というわけで、登録して比較的アクティブなSNSをすべて解約しました。

今、精神科行けば確実に鬱病と診断されそうな奴ですから、
不用意にマイナス思考なネガティブ発言をして、
周囲に不快な思いをさせたくないですしね。

いなくなった事に気づいた方は、最初からいなかったと思えば無問題です。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| みるくせぇき♪ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。