みるくせぇき♪

-Milk Shake-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

間違いだらけのVOCALOID調教

ウチのVOCALOID調教ノウハウのまとめです。
殆どこのノウハウで行っております。
平たく言えば、すっぴん調教と言われる簡易調教の変則型なんですけどね。
極力手抜きしてそれなりに聴こえるようにしようってわけです。

では、デフォルト歌唱設定から♪

01デフォルト歌唱設定
べンドの深さ:8%
べンドの長さ:0%
ポルタメント付加のチェックを外す
ディケイ:30%
アクセント:68%

ポルタメントがかかると音痴に聴こえるのでチェックは外します。

02とりあえず入力
説明し易い様に、「あいうえおさしすせそん」と入力しました。

02-1ビブラート設定
デフォルトのオートビブラート設定は、
有効最小音長:1beat
ビブラート長さ:75%
[Nomal] Type 4とします。

03発音毎のVEL
VELは大雑把にですが、
通常は100
ノイズが混じり易い母音が「イ」の音や「サ行」を64
「ン」を10としています。

04メロディラインに沿って強弱
歌唱の強弱をイメージしながら、
「流れ」の波形をDYNに書き込みます。
昭和歌謡なんかはメロディラインそのものが
強弱になってることがあるので、
メロディラインの流れを書き込むのもアリです。

05大雑把に強弱
次に一音一音に表情を付けます。
立ち上がりを少し削り、
次の音へ続く時は一旦落としてから立ち上げ、
次へ続かなかったり、「ン」の時は完全に落とします。

基本的にはコレだけです。

実際はコレだけで片付くハズもなく、
歌唱スタイルによって細かい表情付けがあるのですが、
ビブラートの使い分けくらいしかしていません。

06実践例
実際に1フレーズ入力してみました。

07歌い出しのビブ
通常はデフォルト設定した[Nomal] Type 4

08強調のビブ
アクセントを加えたい時は[Fast] Type 4

09うねりのビブ
コブシのような唸りを表現する時は[Extreme] Type 4

因みにType 4は振幅・周期が弱くなる特性があります。

10ロングトーンの強弱
ロングトーンも一旦落としてから立ち上げると
歌いきってる感じを表現できます。

11コブシっぽいビブ
このロングトーンはコブシの表現もしています。
立ち上がりの一番最初を子音、
以降を母音にして32か64分で唸りのラインを形成し、
PITもイジっています。
ロングトーンの終わりもPITをイジると
歌いきった脱力感が表現できるかも?

12MAGIX Samplitude
VSQができたら、すっぴん調教のキモでもある
WAVに書き出してDAWでの音声加工です。
VSTやRewireなんて文明の利器は
ウチのPCではパンクします…orz

DAWはVSTプラグインエフェクターが使えるものなら何でも良いです。
使用制限がある場合は、行程を複数回に分けましょう。

音声加工のエフェクトプラグインは以下を使用します。
尚、プラグインはフリーのモノを使用しています。

13MODERN_EMULATORS_DEESSER.jpg
ディエッサー:Antress Modern De-Esser
サ行のノイジーな成分を軽減します。

14MODERN_EMULATORS_1176ME.jpg
コンプレッサー:Antress Modern 1176ME
声の音圧を上げつつ粒立ちを揃えます。

15Reaeq.jpg
イコライザー:Reaper ReaEQ
オケに邪魔されない声質に調整します。

16Classic Chorus
コーラス:Kjaerhus Audio Classic Chorus
声に個性を与えます。

17Classic Reverb
リバーブ:Kjaerhus Audio Classic Reverb
歌っている場の臨場感を出したり、
オケとの親和性を高めたりします。

これらを、ディエッサー → コンプレッサー
→ イコライザー → コーラス → リバーブの順にかけます。

ディエッサーの順番は時と場合によるのですが、
一番最初にかけるのが無難な気がします。

以下は各プラグインの設定例です。

18Deesser1.jpg
ディエッサー:
VocalとかVoiceとか書かれたプリセット

19-1176-1.jpg
コンプレッサー:
アタックは中くらい、リリースは最速、レィティオは1:4

20Reaeq1.jpg
21Reaeq2.jpg
22Reaeq3.jpg
23Reaeq4.jpg
イコライザー:
60Hz以下はカット、800-2000Hzは2バンドくらい使って臨機応変。
6500Hzを若干ブーストすると空気感が増すかも?

24Chorus1.jpg
コーラス:
Singer、Vocal、Voiceと書かれたプリセットを使用しますが、
あまり強くかけない方が良いと思います。

25Reverb1.jpg
リバーブ:
Ambient、Room、Plateと書かれたプリセットなら、
お風呂と言われないと思います。


こうやってできたものがコレですが、
凄いことなのか、大したことないのか、ショボいのかは、
各人の主観によりけりだと思いますので、
ウチはこのくらいの労力でやってるということで…

凝ってるか、手抜きかも各人の主観によりけりでしょうが…




おまけの雑記-9/6

【ドイツの科学力はアレ】

取っ付きの相性がちょと良かったからと、素人が日本語化も初心者サポートも雑誌のTips記事もない独製DAWに手を出して難儀している今日この頃でありますが、伴って入ってくる情報も変わってるのであります。

要はマニア臭いw

国内業界標準というか、モニターヘッドフォンはMDR-CD900STイチオシが共通認識だと思うのですが、そっち系のマニア連中は薄笑い浮かべながらコケにしてるのです。

PRO750.jpg
コレで聴いちゃうと、もうあんなん使えないよねぇ~ってさ…ULTRASONE PRO 750というらしいです。

…デザイン、ダサッw

何て言うか…2,980円?

今日は出先で試聴する機会があったんですが…意味を納得しました。これはマジでヤヴァいっす、他のヘッドフォン使えなくなります、脳天直撃セガタサーンです。
※頭丁部のパッドが硬くて、ちょと不快なのがタマにキズ。

うわっ、欲しいぞ…チラッ☆

「希望小売価格 51,450円 (税込)」

夢と消えました orz




【BFD2】

ウチではドラム音源にFXpansionのBFD2を使っているのですが、
普段はGMマップのドラムキット部分を鳴らすのが主だったりします。
なので、ジャンル毎に使い分ける3タイプを用意していました。

BFD2-汎用-POPS
汎用

BFD2-汎用-ROCK
ロック用

BFD2-汎用-8Bit
エレクトリック用

いずれ、スタンドアローンでリズム打ち込むなら、
自分好みのセッティング作ってしまえと1つセットを考えてみました。

BFD2-汎用-ExROCK
ロック用とエレクトリックのキックとスネアを使い分けれるようにして、
左→右とクラッシュを連続で鳴らした時に心地よい組み合わせにして、
チャイナとスプラッシュを足した感じです。

あくまであちし好みのセットなので、実際に使えるかは別になるのですが・・・(汗
スポンサーサイト
別窓 | VOCALOID2 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<雑記-9/7 | みるくせぇき♪ | 雑記-9/3>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| みるくせぇき♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。