みるくせぇき♪

-Milk Shake-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

素人が教えぬミキシング・テクニック-小技…音圧調整編-

ついでのおまけみたいなものです。
(※画像クリックで原寸表示)

良く使う小技…といっても2つくらいしか思いつきません。

歌いあげ
その1:
ボーカル等で歌いあげたような余韻を与えたいときに、
もう1つトラックを複製し、リバーブホールとディレイを挿して歌いあげ部分を残します。
1/3くらいをフェードインさせミックスすれば、歌いあげた後に余韻に浸る感じになるかな・・・と。

重厚
その2:
トラックを複製して各トラックを左右にわけ、
左にコンプとコーラス、右にフランジャーとディレイをかけ、
最後にリバーブホールを通すと、
心細さが否めないトラックに重厚さを与えることができます。
コーラスに厚みを与えたい時に多用しています。




ミキシングの段階では、リミッターをかけず、
マスターレベルがピークで0db超えないようにしています。
コレは最終的な音圧調整を出力媒体に合わせた別行程にしているからです。
人によっては、この行程をマスタリングと表現することもありますが、
今回は音圧調整としておきましょう。

リミッターをかけて予め音圧を上げてミックスダウンしてしまうと、
この作業を行う際に調整の裕度が損なわれてしまいます。
ミキシング作業の段階でミックスダウンする際は、
常時-10db、ピーク時-3db程度を目標に調整すると良いでしょう。

MS-MASTER.jpg
M/Sモードのあるプラグインで、メインに据えるモノラルと、
サブとなるステレオにふったバックパートを分けて音圧調整します。

GRAMCOMP3.jpg
2バンド以上のマルチバンドコンプで、
80Hz以下と80~500Hzの低域の音圧を調整します。

DEESSER_20090726001819.jpg
コンプを通したことで発生した耳障りな音を解消する為、
女声向けのを設定したディエッサーを通します。
コレは可聴範囲で耳障りになる音が多いとされるのは、
女声のサ行ノイズと似た音域に発生し易いと言われている為です。

LIMITER.jpg
最後にリミッターで、マスターの音量・音圧を上げます。
歪みなく音圧を際限なく上げられる高性能リミッターの登場で、
世間はふた言目には「音圧、音圧」と捲くし立てますが、
リミッターで音圧を上げ過ぎると、
音が大きいだけの薄っぺらいつまらない音源になります。
常に-3~-0.2dbを振幅してるくらいが丁度良いのではないかと思います。

これで、大まかなミキシングノウハウの説明は終わりです。
殆どが一般公開されている情報ソースの受け売りですが、
少しでもお役に立てられましたら幸いです。

自分自身は更なる高見を目指さないと…ですね。
スポンサーサイト
別窓 | DTM | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<雑記-8/8 | みるくせぇき♪ | 素人が教えぬミキシング・テクニック-コンプ…他エフェクター編->>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| みるくせぇき♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。