みるくせぇき♪

-Milk Shake-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

屁理屈だらけのギター選び

20070924003900.jpg


20070924004631.jpg


20070924003753.jpg


BSG480_01.jpg


この人、ギターやベース買う時は屁理屈こねまくります。思い立ってから購入するその時、そのちょい後まで日記のネタに困らないくらいです。

その割にアンプやエフェクター等の周辺機器はドライです。

基本的にブランドで選びません。どちらかというと、材質や構造(と値段)で選ぶ傾向にあります。

思い起こせばン年前、楽器屋からギターのカタログを大量にちょっぱってきて、その中にMOON GUITARSという工房のカタログが混じってたんです。

当時のMOON GUITARSはフェンダー系のコピーモデルを元にカスタムオーダーする工房で、ウチに発注するならこれくらい知っておけと言わんがばかりに、カタログの大半をエレキギター&ベース構造概論が占めていたのですよ。そいつでギターに使用される木材と音響特性を覚えたわけです。

んで、時代はHR/HMブームで、多くのスーパーギタリストが名古屋が世界に誇る地場産業ことIbanezのギターを持ち始めて、HR/HM=Ibanezとなるわけです。

んで、Ibanezのアーティストモデルやハイエンドモデルと言えば、その大半がDiMazioのPUを搭載しています。しかも、アーティストの数だけ専用設計のPUがあるが如しのラインナップ。これでボディ材質とPUで大筋のサウンドが決まるということを知るわけです。

後はリペアマンの個人サイトで一番大事なのは調律精度のキモとなる金具の精度だよんとかね。

はい、ギターで大事なのは形・材質・PU・金具の精度・値段の人のできあがりです。因みにベースはスラップ偏重且つPUの知識が乏しいので、形・材質・弦の本数・弦間・金具の精度・値段になってます。ブランドよりも費用対効果に重きを置く人なんですよ。

今回のぬ~ギターBacchus BSG-480 with DiMazio Evolutionは、入門用ギター+リペア3万で15万クラスを狙った、屁理屈の集大成とも言えるギターになりました。

さて、ウチでは話題が淡白になりがちなアンプとエフェクターですが、二ポーンの悲しい住宅事情の関係から、マルチエフェクターとアンプシム(兼用あり)で片付けてたりしてます。

GS-10.jpg


Roland BOSS GS-10
(G&B DTM連動)

GT-6.jpg

Roland BOSS GT-6 (G)

POD2.jpg

Line6 POD2 (G)

20070924220912.jpg

BEHRINGER BASS V-AMP (B)

20070924220927.jpg

最近、手のひらサイズの小型汎用アンプシム兼エフェクターとして、Line6のPocketPOD(実売:17,800)が気になってたり。
スポンサーサイト
別窓 | 弾く | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<雑記-9/25- | みるくせぇき♪ | 雑記-9/22->>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| みるくせぇき♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。