みるくせぇき♪

-Milk Shake-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

改めてベース話

Pa050007_20071012020824.jpg

LAKLAND SL-4-94
2005年製・定価25万くらい、中古相場20万弱。
只今のメイン…ちょっと手直しすれば元通りなのに、
B級扱いで8万2千で売りに出てたので飛びつくのであります。
調整というかリペアが4千だったので、総額8万6千。
今夏のボーナス割く意義はあったと思うのです。

あちし的メイン楽器の定義
それは、気楽に入手できる安価さ…×:安いとは言えない
それは、あらゆる局面で使用できる高性能さ…○:高性能というか多機能
それは、乱雑に扱える頑丈さ…△:頑丈そうですが、乱雑には扱えません
それは、メンテが容易にできる簡潔さ…○:一見複雑そうで、その実そこそこ簡潔
それは、部品交換が容易できる汎用さ…×:国内で入手できる汎用パーツが少ない?

TWX-8C PD_2

TUNE TWX-8C PD
定価21万を15万で購入。正規ルートで買った唯一のベース?
楽器始めたきっかけがカシオペアのナルチョこと鳴瀬喜博氏が、
カシオペア加入直前に参加したゲームサントラ「MUSIC FROM YS2」の
スーパーアレンジヴァージョンの「サルモンの神殿」に感化されたからで、
8弦に辿り着くのは必然なのであります。
金策は事故の慰謝料なので、名目はリハビリ兼欝憤晴らし。

Img_0902_20071012020926.jpg

Bacchus GROOVE LINE5
SL-4-94を手に入れるまでメイン。定価20万弱をB級処分品8万で入手。
当時の理想形が「JBの形をしたスティングレイの5弦」で5年越しの出会いなのです。
当時の冬季ボーナス握りしめて買いに行きましたとも。
B級処分品という割には、木目が汚いのと、裏に1か所打ち傷があっただけなんですよね。
それでここまで値が落ちてしまうんでしょうか?

sr3006_180x137.jpg

Ibanez SR3006E
定価20万弱を12万で購入。
社会人になってから、GROOVE LINE5を手に入れるまでメイン。
多弦ヴァカのはじまりで、最も付き合いの長いベース。
日本が最初にワールドカップ出場権を得た試合の日に買ったという逸話あり。
SRって、良くも悪くも日本人向けで非常にフィットするのですが、
弦間も狭くてスラップがし難いのであります。
コレのお陰で理想像がGROOVE LINE5に定まったとも言えますし、
ついでのおまけで弾いたベースの印象で
現在、最後に行き着く先を考えた際にSL-4-94となったと言えます。
SL-4-94を手に入れるまでは宅録りはいつもこれだったんですよ。
一番信頼できるというか安心できるというかね…

7stBASS_2.jpg

台湾・アントニオ工房 7stBASS
オク1万スタートで3万弱で落札…ぶっちゃけ、ネタです。
ネタなので、手元に届いて軽く弾いたらあらあらまぁまぁうふふ…なので即リペア。
TUNEの取扱店でTUNEベースをイメージして修理&調整してくれと依頼。
弦交換込み8千円(TUNE7弦用セットが5千円だったので、実質3千)で済んで良かった。
実は7弦には珍しく弦間が18mmなのでスラップが難なくできます。
その分ネックが太くなるからしんどいんですけどね。

この辺り、あちしの楽器観がモロ出てます、はい。
ギターもその節があるのですが、特化型好みの傾向が強かったんですよね。
ちょっと落ち着いたというか、優等生な奴に移行したわけですよ。
スポンサーサイト
別窓 | 弾く | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<改めてギター話 | みるくせぇき♪ | 初音ミク-思い出は億千万(おっくせんまん) 完成版?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| みるくせぇき♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。